ブラジリアン柔術で腹筋をバキバキに六つに割るための練習方法

この記事は 約2 分で読めます。

abdominal-1203880_640

柔術で身体を鍛えてシックスパックの腹筋を手に入れたいと憧れる人のために、簡単に腹筋が鍛えられるエクササイズを紹介します。

世の中には様々な腹筋のやり方が出回っていますが、そのほとんどはひたすらお腹の屈伸運動を繰り返すだけの退屈なものが多いですね。

それだけでも腹筋は鍛えられるかもしれませんがあまり楽しくはないでしょう。そこで腹筋を鍛えながら柔術が強くなれる、おすすめの練習方法を紹介します。

1、三角締め

相手のスキを付いて一瞬で三角締めの形にまで持っていくには腹筋は必要不可欠です。特に下からの三角締めには強い引き付けと腰と脚の動きの連動が必要になります。その全ての動きに腹筋が使われるので、三角締めのドリルをするだけでも腹筋はかなり鍛えられます。

2、スパイダーガード

スパイダーガードは一見、握力ばかりが重要だと思われがちですが、実は腹筋もかなり必要です。腹筋がないと相手の腕をコントロールすることもできなければ、スパイダーガードをキープすることもできません。

スパイダーガードには片足だけを相手の腕に絡めるタイプと、両脚を絡めるタイプがありますが、どちらのドリル練習をしても腹筋には効果的に働きます。

3、エックスガード

エックスガードも脚の使い方ばかりが注目されがちですが、実は腹筋がものいう動きです。特にフックガード(バタフライガード)からエックスガードに移行し、立ち上がるまでの動きの中では腹筋が効果的に鍛えられます。相手を抱えて立ち上がる動きはとてもシンプルかつスイープの基本的な動作なので、しっかり反復練習をしましょう。

まとめ

以上のエクササイズはドリルやウォーミングアップとしてやってもいいですね。また、これらの3つに限らず、下からの攻撃をたくさん練習すると、腹筋は自然に強くなります。最初のうちは数回のドリルだけでもかなりつらくなるはずです。逆にこれらの動きが上手くできない人は腹筋が弱いのが原因かもしれませんよ。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
柔術マン

黒帯、柔術暦10年以上。

柔術Bでは読者の方からの質問、相談を募集しています。柔術について分からないこと、困ったこと、悩んでいることなどありましたら、問い合わせフォームからお願いします。

柔術マンをフォローする
練習
柔術B