ブラジリアン柔術のポルトガル語・英語の階級の意味分かってる?

この記事は 約3 分で読めます。

scale-403585_640

ひと昔前までブラジリアン柔術の階級は長い間ポルトガル語で表記されていましたが、国際化を図るためかいつしか英語表記になりました。つまり現在使われている階級は全てポルトガル語を起源としたのを英語に翻訳したものになっています。

ただしポルトガル語と英語では若干意味合いが違ってくるのをご存知でしょうか。今回はその辺を考慮して一つ一つの階級を見ていきましょう。

ポルトガル語と英語のブラジリアン柔術の階級

最近柔術を始めたという人はポルトガル語の階級名を知らないという人もいるはずです。それに対し昔からやっている人にとっては懐かしい表記かもしれません。

いずれにしろ現在でもブラジルではポルトガル語表記が普通に使われていますので知っていても損はないです。なお体重は胴着を着た状態での重さを指します。

体重英語ポルトガル語
57.5kg以下Rooster(ルースター級)Galo ガロ級
64.0kg以下Light-Feather (ライトフェザー級)Pluma プルーマ級
70.0kg以下Feather (フェザー級)Pena ペナ級
76.0kg以下Light (ライト級)Leve レーヴィ級
82.3kg以下Middle (ミドル級)Médio メジオ級
88.3kg以下Medium-Heavy (ミディアムヘビー級)Meio Pesado メイオペサード級
94.3kg以下Heavy(ヘビー級)Pesado ペサード級
100.5kg以下Super-Heavy級 (スーパーヘビー)Super Pesado スペルペサード級
100.6kg以上Ultra-Heavy (ウルトラヘビー級)Passadíssimo ペサディシモ級
無差別Open-class (オープンクラス級)Absoluto アブソルート級

ブラジリアン柔術の階級の英語とポルトガル語の意味の違い

  • Rooster/Galo  共に「雄鶏(おんどり)」を意味します。
  • Light-Feather/Pluma 英語は「軽い羽、軽い羽毛」、ポルトガル語は「羽毛」を意味します。
  • Feather/Pena 英語は「羽、羽毛」、ポルトガル語は「羽、羽毛」を意味します。実はポルトガル語では「pluma」も「pena」も類義語なのです。ポルトガル語の「pena」にはそのほかにも「ペン」、「羽ペン」といった意味もあります。
  • Light/Leve  共に「軽い」を意味します。
  • Middle/Médio 共に「中間」を意味します。
  • Medium-Heavy/Meio Pesado 共に「中重」を意味します。
  • Heavy/Pesado 共に「重い」を意味します。
  • Super-Heavy/Super Pesado 共に「超重」を意味します。
  • Ultra-Heavy/Passadíssimo 英語は「特重」、ポルトガル語は「とても重い」、「すごく重い」、「超重い」を意味します。
  • Open-class/Absoluto  直訳だと英語は「開かれた/オープンな」、ポルトガル語は「絶対的な」を意味します。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
柔術マン

黒帯、柔術暦10年以上。

柔術Bでは読者の方からの質問、相談を募集しています。柔術について分からないこと、困ったこと、悩んでいることなどありましたら、問い合わせフォームからお願いします。

柔術マンをフォローする
階級
柔術B