ブラジリアン柔術を始めるのに月謝等の費用っていくらかかるの?

この記事は 約4 分で読めます。

coins-948603_640

ブラジリアン柔術を始めようとしている人にとって、最初のハードルとなるのがその費用じゃないでしょうか。一体、いくらかかるのか想像できないと、始めるにも始められないので、おおよその相場を紹介したいと思います。

まずここで紹介する費用はあくまでもおおよその相場であって、もちろん田舎にある道場と都心にある道場、人気の道場とサークルレベルの道場では値段も変わってきますので、具体的なことを知るには必ず道場に入会する前に一度、問い合わせてみることをおすすめします。

ブラジリアン柔術道場の入会金(0円~1万円)

日本の多くの柔術道場が入会金として1万円前後徴収するのはこの業界では当たり前のことです。もし入会金を抑えたい場合は、入会金無料キャンペーンをやっている道場を選びましょう。キャンペーンは特に新設の道場が最初の生徒集めのためにやることが多いほか、新年度に合わせて定期的に無料にしている道場もあります。

入会金1万円というのは、どこまで続くか分からない人にとってはどうしても高い印象を与えるでしょう。しかし逆にこれを無料にしてしまうと、「タダだから嫌になったらいつでも辞めればいい」といった安易な気持ちで始める人も多くなる、という一面があるのです。

そういう意味ではこの1万円の入会金はある種道場側が新規生徒に対して、やる気を図る「物差し」であると考えられなくもないです。そもそも1万円を自己投資することに躊躇してしまうなら、柔術は長く続けられないでしょう。

ブラジリアン柔術道場の月謝(7000円から2万円以上)

田舎の道場だと月謝は7000円ぐらいからありますが、東京の都心にある最も高級な道場ではプランによっては2万円以上するところもあります。いずれにしろ平均すると、だいたいどこの道場も1万円前後ぐらいが相場だといえます。

最高額の2万円以上と聞くとかなり高額のようにも思えるかもしれません。しかしアメリカのニューヨークなどの大都市では月謝が250ドルぐらいするところはざらにあります。ブラジルですら高いところは100ドル以上は普通にかかります。それと比べれば日本のブラジリアン柔術の道場は平均しても大分格安なのです。

ブラジリアン柔術の胴着の値段(0円から3万円以上)

胴着は安いのは1万円以下から、オシャレな人気ブランドの高いのになると3万円以上するものもあります。これに帯が1000円から2000円ほどかかります。

ちなみに道場によっては入会すると同時に「胴着を一着無料でプレゼント」といったキャンペーンをやっているところもあるので、そういったキャンペーンを利用すると、胴着代を浮かすことも可能です。

まとめ

およそどこの道場でも、入会するときには入会金と一緒に1ヶ月~2ヶ月分の月謝を先払いするのが普通です。さらに胴着を買うことを考えると、どんなに安くてもスタートの費用には平均して2万円から3万円程はかかることになります。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれでしょう。いずれにしても値段だけで決めるのではなく、道場選びはロケーション、道場の雰囲気、先生とのフィーリングなども考慮して決めましょう。

>>「ブラジリアン柔術道場(ジム)を選ぶときの4つのポイント

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
柔術マン

黒帯、柔術暦10年以上。

柔術Bでは読者の方からの質問、相談を募集しています。柔術について分からないこと、困ったこと、悩んでいることなどありましたら、問い合わせフォームからお願いします。

柔術マンをフォローする
ライフ
柔術B